ワンだふる・だいありーず 2

柴犬の光流とエアデールテリアのエドの日々の暮らしのフォト日誌

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エドが・・・・ (_ _。)・・・シュン

光流の散歩から帰ると、エドが5時半頃再び吐いたという。
さすがに心配になり、ワクチンを打ってもらったG病院へ電話してみるが、まあ、元気に遊んでいるようならば、明日まで様子を見ていいのでは・・・と先生に言われる。 サークルから出すと、オモチャをあれこれ出しては遊んでいるので、大丈夫かな・・・?

ところが、夕飯を作っているときに、また今度は水を大量に吐く・・・・どうしよう"(ノ_・、)"・・・と思うが、ちょうど手が離せないし、取りあえずサークルに入れておく。でも心配になり、トーサンの携帯に再三掛けるが返事がない (+_+) 
私の車は故障中で代車だし、G病院は道が良くわからない。
取りあえず、両親に夕食を作って、光流に夕飯をあげたが・・・

いつもなら、いくらおとなしく寝ているように見えても、光流に餌をやった途端にキャンキャン・ギャンギャンと泣き喚くはずのエドがウンともスンとも言わない・・・目だけキョロキョロ動かしている・・

これは 滅茶苦茶 ヤヴァイョ~~~{{ (>_<;) }}
慌てて、G病院へ電話するが、もう留守番電話になっている。 光流のかかりつけのF病院へ電話したが、こちらも留守電。 

相変わらずトーサンは携帯に出ないから、会社に掛けてみたら、
「なんでもっと早く電話しないの!」と焦ってすぐに帰ると言う(電話し続けていたんですが・・ヽ(´ー`)ノ)

幸い、F病院から折り返しの電話が入って診てくださるというので、トーサンが急いで戻ってくるのを待ってから連れて行く。 いつもの元気ほどではないが、診察室内を歩き回るエド・・

K先生・・「ワクチンや海への外出とストレスがかかっていますね~~~吐き気止めを与えて様子を見ようか・・・」
私たち・・「兵庫にいる兄弟犬がトウモロコシの芯を食べて開腹手術をしています」
K先生・・「では、念のためレントゲンを撮りますか?」」
私たち・・「お願いします。」

レントゲンを現像していた先生が、もう1枚向きを変えて撮りますとエドを抱えていく。

私たち・・「ありますか?」  
K先生・・「ありますねぇ~~これじゃ、お腹が痛かったね。」

見事に大きなものが白く写っています。もうひとつ小さいものも・・・

K先生・・「もう脱水症状が出ていますから、今夜は手術はできません。まず点滴をして体力を回復させてから、明日開腹手術ですね。すでに胃ではなくて腸にありますし、腸もあちこちふくらんでいるから2~3日前に食べてますし、腸もダメージを受けているかもしれないから、手術をしても果たしてこの子が保つかどうかわかりません」 との宣告 (;´Д`A ```ビェェン~~

最善を尽くすというK先生にひたすらお願いして、手ぶらで帰る羽目に・・・あれだけ元気な子がおとなしくて、毛もパサパサしてきていて・・・もう心配で心配で。。
たった2ヵ月半で開腹手術に耐えられるかしら・・とか、我が家に来てたった2週間で命を落とすかも知れない・・・と、口の利けないわんこの病気は辛くて悲しいです。
この可愛い姿を取り戻してくださいと、ひたすら祈るだけの夜でした。
e06112323

ところで、前日は室内で寝ることを拒否して庭に出た光流は、エドのいない室内での~~んびり楽しんで、窓を開けてもでる気配もなく家の中で寝る夜でした(-_-;☆・・・

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

 光流&エドかあさん

Author: 光流&エドかあさん
・柴犬の光流とエアデールテリアのエドの日々のフォトアルバムです。
親バカ日誌とも言えます(汗;)
  
☆こちらには2005年12月よりお世話になりましたが、2011年4月をもって、閉じさせていただきます。


 ★光流のプロフィール♪
柴犬(赤、巻尾、♂) 03.08.29~11..01.01
かあさんの散歩の供として末っ子生活3年後に弟エドを迎えた柴のニイチャンです。6ヵ月で去勢してから永遠の少年として幼馴染みたちと日々公園を走り回っていました。
得意技は、柴式ヒップアタックに柴式ボクシングと、柴にはあり得ないぐらい他人にすりすり甘えること♪
光流は、7歳4ヶ月で旅立つまで、かあさんの可愛い次男坊でした。
ありがとうね光流くん

 ★エドのプロフィール♪
   エアデールテリア
  (黒タン♂) 06.08.30生
とうさんの山歩きの供として、家族中の反対を押し切って家にやって来た、とうさんの連れ子 (^^;
好奇心満載なうえに気も強いけれど甘えん坊。でも、赤ん坊の時からニイチャンの光流に服従することはない。4ヵ月で石を飲み込んで開腹手術寸前になり、その後もこの大口には常に油断ができないのです。

7ヵ月から服従訓練を始め、なぜか気性に合ったらしくてそのまま競技生活を続けています。

PD名 Edo of Puddleby
    2010 服従競技会3席
    2010 日本チャンピオン(A成犬)     
JKC名 Edo of Green Peas Jp
    2008 理事長賞
加古川のグリーンピース動物病院生まれ

父 Suko von Haus Schirmer 
  (通称 ゴッドマン?)
母 Hanna v. Erikson

最新の記事

リンク

右サイドメニュー

ブログ内検索

06.08.01より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。