ワンだふる・だいありーず 2

柴犬の光流とエアデールテリアのエドの日々の暮らしのフォト日誌

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノエル鷺草さんからのバトン

今年のお花見もあっという間に過ぎていき、ハーブ園も今では葉桜となっています。

4月の初めのハーブ園でのワンたちです。

08032904

         08040201


カリンちゃんとシオンちゃん、二人のダックスのお嬢さんたちのお母さまでもあり、素敵な写真に心温まる言葉をそえた『 mooncafe・・・★ ティータイムをご一緒に・・・』のノエル鷺草さんから、ワンちゃんバトンを渡されました。(かなり前に・・・

実はブログを始めた当初のバトンで失敗したことがあって以来そのトラウマでバトンにはかなり消極的な私なのですがーーーーーー、ノエルさんのお嬢様方への優しい気持ちを読ませていただいて、お引き受けすることにしました。 素敵なので、コチラを読んでくださるとうれしいです。

別ブログ「花信風」で歌も詠まれるノエルさんのようにはとてもうまくは書けないのですが、ちょうどこのブログのあり方や続け方も考え中ですので、初心にかえる良い機会と思ってつらつらと綴ってみました。

そこで、バトンですが・・・・



ノエル鷺草さんからのワンちゃんバトン

◆ 犬を飼うようになったきっかけは?(購入方法)

子どもの頃に、よく知っている近くの家で生まれた白黒ぶちの雑種をもらいました。小学6年生から大学生になるまで、私の思春期から成人するまでずっと共に過ごした弟のような存在でした。その子がまたとってもお利口で、回りの子どもたちにも可愛がられて、垣根越しにいつも給食の残り物をもらっていたようでした。今とは違ってあれこれと手をかけることもなく、動物病院で予防することも知らず、フィラリアで亡くなったときの悲しみが忘れられず、しばらくは犬は飼えませんでした。それでも、犬との暮らしがどれほど心を和ませるものかは、十二分にわかっていましたし、特に思春期のこどもには大切な存在だと思いました。

その後ずっと経って、私が子育て中に姉が飼っていた柴の雑種のコロが姉宅で飼えなくなり、成犬になってからうちの子になりました。姉がネコかわいがりしてしつけをしていなかったので、アイコンタクトがとれないし、他人が家に来るとうるさく吠えるのが難でしたが、私の散歩の友と子どもの成長期の友としてはとてもよい子でした。

その前に、夫が犬を飼いたくてブリタニースパニエルを連れてきたことが有りましたが、二人目が生まれたばかりで私に余裕が無く、夫もしつけどころか世話すらなかなか時間がなく・・バルという名の犬も運動不足でストレスもたまる様子でしたので、3ヵ月ほどで長野の知り合いに引き取ってもらったという、残念なこともありました。

以上が、今までの経験です。
このような経験を経て我が家に今いるのは、柴犬の光流(こうりゅう)とエアデールテリアのエドの二匹なのです。

光流==柴・・・ほぼ柴(雑種)のコロが亡くなってから1年ほどしたら、犬、とくに柴犬にばかり目がいくようになりました。家族の一員としてまた私の散歩の友として一緒に暮らすなら絶対にまた柴犬にしようねということになりました。母の知人から、近所の柴犬のブリーダーさんを紹介していただいて、男の子が生まれたらよろしくとお願いしてから更に半年ほど待ちまして、ようやくオスが生まれたという連絡がありました。近所に同じブリーダーさんの子が何匹かいて、それぞれ性格がよいのです。ちょうど光流が家に来た当時がコロの3回忌となりました。

連絡を受けてすぐに見にいきましたが、真っ黒であまりの鼻ペチャ不細工さに驚きましたが、今さら嫌だとも言えなかったのです。赤ちゃんの時の柴犬を見たことがなかったので、顔が変わるのを知らなかったのです。
   200408


家に来たばかりの光流
          光流3ヵ月2




エド==エアデールテリア・・・・『エアデールテリア物語―人にいちばん近い犬』という本を読んだ夫(エド父)と友人たちが3人でそれぞれエアデールテリアを飼う約束をしていて・・・光流が可哀想という家族の反対にもかかわらず兵庫まで見に行って飛行機で連れて帰りました。だから、一応エドはエド父の連れ子です^^
(エドの母犬と子どもたち)ハンナとエド


両親犬ともに旧東独生まれで、獣医でもある↑の本の著者のところで生まれました。 犬種的に訓練やしつけが必要な犬なので(体力もあるし、噛む力も強く、頑固なテリアでも一番大型のキング・オブ・テリアと呼ばれる犬ですから)、訓練所に預けましたが、トレーナーさんの教えも良くて服従の競技で良い成績をいただきました。家ではエド父のお相手&山歩きの供です。
           080404


家族みんなが弟作戦に反対したとき、夫は半年前に来ていた友人宅のクライス君というエアデールテリアをウチに連れて来ました。その子は、光流に対してお腹を出したり、とてもおとなしくてフレンドリーで優しい子だったのです。

そこで、ようやく私たちからオーケーが出たのですが、~~~~やってきたエドは翌日に光流ニイチャンに出会ったら、チビの癖に後ろから乗ろうとしたり・・・光流にひっくり返されても何度でも向かっていくヤンチャ坊主でした (;´Д`A ```~~~


エドがきた日

        えど0611


かわいい顔したトンデモヤンチャ犬です
                  エド0611



今では、一応家族として互いに認識はしているようで、じゃれていると楽しいのですが・・・両方とも負け負けず嫌いなので、感情がたかぶりすぎないところで間に入ります。
        光流とエド3

◆ うちのわんこの変な癖は?

光流・・・柴犬ではあり得ないぐらい人なつっこくて、とくに女の子のおかあさんが大好きで、近寄ってはすりすりして他のワンの目の前でお腹をだして撫でてもらったりもします

エド・・なんと言っても、お口が大きく(大きすぎて)、なんでも食べてしまうことでしょうか。子犬の時に石を飲み込んで危うく開腹手術なんてこともありました。
つい最近も、洗濯(粉石けん用)ネットや下着を飲み込んでました。


◆  わんこの名前の由来は?

光流・・・和風の名前にしようとい言うことだけは決まりましたが、あとはみんなバラバラ。なかなか決まらず、少し呼びにくいけれど「わさび」か「すいか」にしようかなぁというところでした。 親元(ブリーダーさんの)付けた血統書名が「光龍」でこうちゃんでいいじゃないと言われたけれど、甥の名前がこうちゃんなのと「龍」では印象が強すぎるからと「流」に変えて、「光流=こうりゅう」です。ご近所ではよく「こうちゃん」と呼ばれますが、我が家ではそうは呼びません(甥っ子が現れそうですから)

エド・・・親元の意向で同胎きょうだい全員が“ E ”が頭文字につく名前で揃えることになりました。英語ドイツ語辞典をひっくり返して探したりして、呼びやすいからと「エド」となりました。私たちはエド・サリバンとかエド・ハリス( Ed Harris )のように“ ED ”のつもりでしたが、エド父が ED では○○不全症候群みたいだからと“ EDO ”で登録したので、命名理由は「江戸」ですかとよく聞かれますから・・そうですと答えています(汗;)


◆ あなたのワンちゃんにキャッチフレーズをつけるとしたらどうしますか?

光流・・・優しいオニイチャン、あるいは「柴の皮を被ったラブラドール」
エド・・・ヤンチャで大きな甘えん坊



◆  チャームポイントはどこ?何?ですか
光流・・・柴犬のチャームポイントはクルリンの巻き尻尾と真っ白なお尻ですが、光流の場合は、それと飼い主もワン友も自他共に認める性格の良さです。
なにしろ、柴犬の皮を被ったラブラドールと呼ばれるぐらい、もの凄く人なつっこくて相手が犬好きと見抜くとすぐにスリスリ甘えます。 喜ぶとき悲しむとき拗ねるとき・・・なんでもはっきり反応してわかりやすいです^^

そうとはいえ、自立心も強くてお留守番も平然とこなすので、一緒に暮らしやすい子です
     光流0704


エド・・・エアデールの特性でもありますが、小首をかしげる動作です。すれ違う人やこどもたちから「ぬいぐるみみたいに可愛い」とよく言われますが、その真実の性格は「ぬいぐるみの壊し屋」です(笑;)
人間みたいに話しだしそうねとよく言われます。それと、体格や強さに似合ない甘えん坊な面でしょうか
私の姿が見えなくなるとすぐに泣き出します・・これはチャームポイントではなくコマッタチャンでした
       080402



◆ バトンをくれた人にメッセージを

長々と書き連ねてしまいましたが、この子たちとのことをもう一度しっかり考えるとてもよい機会を与えてくださったことに感謝しています。 ありがとう^^

ノエル鷺草さんの所を訪問すると、心が穏やかになる気がします。
ウチの子たちとほぼ同じ年頃とはいえ、カリンちゃんとシオンちゃんというお嬢様方はいつもおっとり楽しそうです。
いつも目を光らせていないと、何をしでかすか油断も隙もないヤンチャ兄弟二匹のお尻を追っかけて慌ただしく暮らしている私ですが、ノエルさんの所を覗くと、ゆったりと共に暮らす時間を大切にしよう・・と思えてくるから不思議です。

そんな不思議な時間を与えてくださるノエルさん、これからもお茶をご馳走になりにmooncafe・★・に寄らせていただきますので、よろしくお願いします。


最後に、前記の関係でバトンはたまには受けることもあるのですが、バトン自体はいつもココで落とさせていただくことにしております。我が儘を言って申し訳ありません <(_ _)> 

そして、ありがとうノエルさん


追伸・・・今週末から週明けにかけてチョイと出かけてます

Comment

そうだったんだ~! 

しっかり読ませていただきました!飼い主履歴も長いのね~またまた光流くん&エドくんのかわいい赤ちゃんのときの写真!何度見てもいいわね~子犬の時代は。いろいろ撮ってあってうらやましい!

光流くんの名前の由来初めてしりました。なかなか奥が深い!(笑)
  • posted by コロママ 
  • URL 
  • 2008.04/21 22:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

ジーンとしました(*μ_μ) 

こんばんは^^光流&エドかあさん
温かいご紹介もして下さって本当に嬉しく拝見しました

光流くんとエドくんの幼い時の顔^^ とーーーっても可愛いくて(〃/0\〃)すりすりしたくなりました。
やはり、子供の頃からワンちゃんのいる生活だったんですね~ 一緒なのでお気持ちとってもよく分かり、頷きながら、ジーンとしつつ読み進めました
子育てと一緒^^ この幼い時の写真を振り返ってみるとまた愛しさが増しますよね~
エアデールテリア物語―人にいちばん近い犬 ・・・読んでみたいと思います。
エドちゃんはパパさんの連れ子(ノ∇≦*) (爆

前にバトンで嫌な想いをされたことがあったんですね
でも、こんな風に受け取って下さってとっても嬉しく感謝しています
こちらこそ・・・有難うございました(*- -)(*_ _)
私も、こちらで拝見して、また子育て・・・一緒に楽しく過ごそうと新ためて思いました。

今年の桜と一緒の光流くんとエドくん・・・とってもいいお顔の写真♥この一枚も大切な一枚になりますね^^

私もこちらの納骨は済ませてますが、京都のお寺にも納める為、土日は京都へ出かけてました。
父が本当にいなくなっちゃいました(×_×;)

  • posted by ノエル鷺草 
  • URL 
  • 2008.04/22 00:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

コロママさまへ 

こんにちは
なんか支離滅裂で長々となってしまった文章を、しっかり^^読んでくださってありがとう

子犬の写真・・といっても、いつも同じようなのばかり、しかも、エドのはあまり撮っていないのよね~~来たときから、おじさん顔してるからかしらね (^▽^;) 

最近、体力(知力?)がなくて、この前のコロちゃんとの写真,いつになるかしら~~ですが、そのうちに更新したら、お知らせにあがります。
  • posted by 光流&エドかあさん 
  • URL 
  • 2008.04/22 12:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

ノエル鷺草さまへ 

こんにちは

長いばかりで読み返すと支離滅裂になりましたが、ツーワンのことを考えるのに良い機会を与えてくださりありがとうございます

ブログも本宅と統合しようかと悩んでいましたが、回数を減らしながらも少しずつ更新していこうかなと考え直しています。


ご本のほうは・・・武闘派獣医を自認なさる方ですので、かなり男性向きの過激な内容なので、ノエルさんがご覧になると卒倒されてしまうかも・・(爆;)  

先週末の京都は桜には遅すぎましたが、それだけに多少は落ち着きを取り戻していました。納骨が済みますと、やるべき事を済ませた安堵とともに急にさびしくなりますね。父の墓前に桜がありまして、4月の月命日には満開でした。今年は父一人で花見をしていたようでした。
  • posted by 光流&エドかあさん 
  • URL 
  • 2008.04/22 12:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

 光流&エドかあさん

Author: 光流&エドかあさん
・柴犬の光流とエアデールテリアのエドの日々のフォトアルバムです。
親バカ日誌とも言えます(汗;)
  
☆こちらには2005年12月よりお世話になりましたが、2011年4月をもって、閉じさせていただきます。


 ★光流のプロフィール♪
柴犬(赤、巻尾、♂) 03.08.29~11..01.01
かあさんの散歩の供として末っ子生活3年後に弟エドを迎えた柴のニイチャンです。6ヵ月で去勢してから永遠の少年として幼馴染みたちと日々公園を走り回っていました。
得意技は、柴式ヒップアタックに柴式ボクシングと、柴にはあり得ないぐらい他人にすりすり甘えること♪
光流は、7歳4ヶ月で旅立つまで、かあさんの可愛い次男坊でした。
ありがとうね光流くん

 ★エドのプロフィール♪
   エアデールテリア
  (黒タン♂) 06.08.30生
とうさんの山歩きの供として、家族中の反対を押し切って家にやって来た、とうさんの連れ子 (^^;
好奇心満載なうえに気も強いけれど甘えん坊。でも、赤ん坊の時からニイチャンの光流に服従することはない。4ヵ月で石を飲み込んで開腹手術寸前になり、その後もこの大口には常に油断ができないのです。

7ヵ月から服従訓練を始め、なぜか気性に合ったらしくてそのまま競技生活を続けています。

PD名 Edo of Puddleby
    2010 服従競技会3席
    2010 日本チャンピオン(A成犬)     
JKC名 Edo of Green Peas Jp
    2008 理事長賞
加古川のグリーンピース動物病院生まれ

父 Suko von Haus Schirmer 
  (通称 ゴッドマン?)
母 Hanna v. Erikson

最新の記事

リンク

右サイドメニュー

ブログ内検索

06.08.01より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。